インフォメーション

整備

実はかなり重要なタイヤバランス(ホイールバランス)。そもそもどういうことなの?

投稿日:2019/09/03

メインの画像

皆さんは、「タイヤバランス」を気にされたことはありますか? ”タイヤバランス”という言葉は聞いたことがあっても、一体どういうものなのかは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、そんなタイヤバランスについて注目していきましょう!

タイヤバランス(ホイールバランス)とは

タイヤバランスは、タイヤ交換をした際に必ず行うタイヤのバランス調整作業です。整備に詳しい方や車に興味のある方、ご自身で車を整備する機会がある人であれば必要な作業であることはよくわかると思います。

タイヤやホイールなどは丸く見えますが、実際にはちゃんとした真ん丸ではなく多少多角形の形になっているのです。タイヤの重さや形にバラつきがあるので、回転した際に遠心力によって上下左右にブレが生じてしまいます。 そのためタイヤの重心の位置を中心に調整することで、タイヤ4本とものバランスをしっかり整えて万全にしておく必要があります。1本でも狂っていると安定した走行が出来なくなり、楽しいドライブが一気に楽しくないドライブになってしまいます。

タイヤバランス(ホイールバランス)が悪いとどうなるの?

タイヤバランスが悪い状態のまま放置・走行を続けるとハンドルがブレてきたり車体の揺れが大きくなったりします。ハンドルのブレや車体の揺れなどは、高速道路を80km/h~100km/hで走った時に特にわかります。高速道路のような場所で車体の揺れやハンドルのブレを感じた時は、恐怖を味わうことになるでしょう。 タイヤバランスが悪いということは、タイヤが真っ直ぐに転がっていない状態だったり、遠心力が一点に集中している状態で引き起こされたりすることになります。

車が直進しなかったり走行中に振動を感じたりした際には、すぐにタイヤバランス・ホイールバランスをチェックしてもらうようにしましょう。 真っ直ぐ走らなくなってしまったり偏摩耗が起こってしまったりすると、スリップ事故などが引き起こされたり燃費性能が低下したりします。またベアリングやサスペンションなどへ負担を掛けてしまうので、タイヤだけの違和感が車体やその他のパーツにまで及ぶ可能性が出てきます。

タイヤバランス(ホイールバランス)が崩れる原因

タイヤバランスが悪くなる・ズレてしまう原因は、次の点が考えられます。

①ホイールの劣化及び変形

②タイヤの摩耗

③バランスウェイトの剥がれ

ホイールは、バランス調整を行った後でも走り続けることで徐々にホイールが劣化したり、ホイールが変形したりします。ホイールが劣化することによりバランスウェイトが剥がれることもあります。 また、縁石に乗り上げてしまったり、事故の衝撃などでホイールが変形したりすることもありますので、ホイールが変形したり劣化したりしたらバランス調整をするようにしましょう。

タイヤの偏摩擦はホイールバランスを狂わせます。タイヤが偏って減った為にハンドルのブレを生じたり、ホイールバランスが狂ったりします。時間経過などによっても生じてきます。 経年劣化によるバランスウェイトの剥がれによってもホイールバランスが狂ってしまうので、違和感を感じたらまずは近くの整備工場へ持って行ってバランス調整をしてもらうようにしましょう。

タイヤバランス(ホイールバランス)の調整方法

タイヤのバランス調整は、専用の設備・機械でもある「ホイールバランサー」でバランス調整を行います。タイヤに装着し高回転させバランスを確かめます。バランスが悪いと縦方向や横方向にブレが生じます。バランスがどれくらいおかしいことになっているのかを機械が数値化してくれるので、目で見てわからなくてもバランス調整が必要か、またどれくらい規定値から外れているのかがわかります。

バランス調整は、「バランスウェイト」というものを使って行います。まずはホイールバランサーにホイールを取り付けて測定します。測定された値に合わせてホイールにバランスウェイトを貼り付けてバランス調整を行い、機械の数値が0になると、ズレ(バランスの狂い)がない状態になるので大丈夫ということになります。 バランス調整はタイヤ交換をした際には必ず行わなくてはいけません。バランスが狂っていることで予期せぬトラブルに繋がる可能性があります。

タイヤバランス(ホイールバランス)の相場やかかる時間

作業工賃は、場所によりますが小型車であればおおよそ1,000円~1,500円(1本)ほど、大型トラックであれば、おおよそ2,000円~4,000円(1本)を目安に考えておくと良いでしょう。なので、4本分となれば小型車であれば4,000円~6,000円、また大型トラックであれば、8000~12000円くらいの予算になります。 ただし車からホイールを脱着する費用は別となりますので、脱着費用として2,000円~3,000円ほど予算目安に追加しておいて下さい。

かかる時間は1本辺り10分程度ですから、のんびりとコーヒーなどを飲みながら待つことが可能です。この時間で、安全な走りを確保できるのであれば、安くて早くて嬉しい話ですね。

タイヤバランス(ホイールバランス)を自分で調整?

タイヤバランスを行う時に使用する機械「ホイールバランサー」が必要なので、購入しないと自分で調整することは非常に難しいです。数十万円かかる機械でもありますので、ご自身でやろうと思っていても簡単には購入できる機械ではないですよね。

整備工場やタイヤ交換を専門に行っているショップなどへお願いしてタイヤバランスやホイールバランスを見てもらえば正確に点検調整してもらえますので、安全な安定走行がお約束できるようになります。 自分の大切な愛車ですし愛車に乗っているご家族を守るためにも、タイヤのバランスにも気を配ってみてください。

タイヤバランス(ホイールバランス)の重要性

タイヤバランスはとても重要です。安定した走行性能を維持させる為にタイヤバランスを点検する必要があります。タイヤバランスというのは、基本的にはホイールバランスを見ることになります。タイヤが高速回転しても重心がズレないようにする為、そして安定走行を維持する為にも、ホイールバランスの調整作業が必須となってきます。

時間経過と共にタイヤが摩耗されることでバランスが狂ってしまったり、季節によってタイヤの交換を行ったりする場面でもバランス調整が必要となってきますので、その狂いを調整することは必要となってきます。走行上の安全を確保するためにもとても大切なことです。 タイヤ交換後はホイールバランス・タイヤバランスの調整をしてくれるとは思いますが、6か月~1年を目安に再度確認してもらうとより安全性が確保されます。

タイヤをホイール付きで購入した際にはホイールバランスも調整済みである可能性が高いので、そのまま取り付けして問題がありません。その際はホイールにバランスウェイトが貼り付けているか確認しておきましょう。整備工場やショップによっては、タイヤを購入時などは安価でタイヤバランスを調整してくれるところもありますから、各店舗や整備工場などを比較したり、相談したりすると良いと思います。

まとめ

いかがでしょうか。 タイヤバランスの重要性や、タイヤバランスがどういったものなのかがご理解いただけたでしょうか。 ホイールバランスは整備工場などで専用の機械を使って点検してもらえますので、最近車の安定感が無くなってきたかな?と感じていれば早めに整備工場で点検調整してもらう事をおすすめします。 タイヤバランスを調整して、安心安全なドライブを楽しんでください。

[Dr.輸入車ドットコム編集部]