Dr.輸入車ドットコム Dr.輸入車ドットコム

加盟店一覧

北海道の外車を車検、板金塗装、点検修理

北海道の外車を車検、板金塗装、点検修理なら【今だけネット工賃割引】のDr.輸入車ドットコム。北海道エリアで信頼できる輸入車整備工場がきっと見つかる。北海道で対応できる外車専門の車検、板金塗装、点検修理ができる輸入車専門の整備工場探しをサポートします。

  • Dr.輸入車 登別室蘭店 川田自動車工業株式会社

    Dr.輸入車 登別室蘭店

    所在地
    北海道登別市幌別町7丁目22番地1
    営業時間/定休日
    09:00~17:30 【レンタカー受付】09:00~18:00/日曜日・祝日※レンタカー部門は年中無休
    • 車検

      点検修理

      板金塗装

    • オイル交換

      タイヤ交換

      用品取付

    1972年創業の川田自動車工業株式会社は、地域の皆様のCar Concierge(カーコンシュルジュ)としてお車に関する様々なご要望にお応えいたします。 車検・整備のご依頼やレンタカーのご利用、自動車保険に関することなど、お気軽にご相談くださいませ。

    詳細はこちら
  • Dr.輸入車 函館店  有限会社能戸自動車整備工場

    Dr.輸入車 函館店 

    所在地
    北海道函館市港町1丁目33-28
    営業時間/定休日
    8:00〜18:30/火曜日(第1日曜日・GW・夏期休暇・年末年始)
    • 車検

      点検修理

      板金塗装

    • オイル交換

      タイヤ交換

      用品取付

    創業40年の地域の皆様に支えられて営業してきた会社です。 北海道函館市にある函館店では、函館市を中心にたくさんのお客様に車検をお任せいただいております。 自動車整備、板金、保険、新車・中古車販売 各種カード、ローン取扱あり

    詳細はこちら
  • Dr.輸入車 新札幌店 D-road株式会社

    Dr.輸入車 新札幌店

    所在地
    北海道北広島市北の里341番地8
    営業時間/定休日
    10:00~18:00/日曜日(年末年始・GW・お盆)
    • 車検

      点検修理

      板金塗装

    • オイル交換

      タイヤ交換

      用品取付

    D-roadのDには常に夢をもって生きていきたいという思いのdream、お客様を守りたいという思いからdifenseの意味が込められています。 私たちはお客様に対して正直者でいたい。良い人でありたい。 そんな思いから移木之信という言葉を大切にしています。 有言実行!お約束したことは必ず守ります。

    詳細はこちら

ブログ一覧

現在ブログの登録はありません

北海道の車検について

北海道の車検は、日本全国の中でも慎重に行う必要があります。北海道ならではの気候・寒さが車体に及ぼす影響があるため、寒冷地に応じた適切な整備や点検を実施できる整備工場選びが必須となります。納車される車が寒冷地仕様になっていることからも部品の入手も変わってくるのは明らかです。日本車では寒冷地仕様および寒冷地仕様に付随した部品があるものの、輸入車となるとそもそもが寒い地域の車種もあるため、特別な対応をする必要がない場合もあります。しかし、凍結防止剤の影響によるサビの発生は国産車も輸入車も同じ。よって、輸入車の特性を見抜いたサビ防止措置を施すことができる整備工場を探す必要があります。ドクター輸入車であれば、輸入車の特性を見抜いた的確な整備や点検、メンテナンスを実施することができるため、安心して車検を任せることができます。北海道では、長距離移動をするケースも多いことから、定期的な点検やメンテナンス、そして、安心して任せることができる輸入車整備に特化した車検を任せられる整備工場を探すことが求められます。輸入車のことなら何でもドクター輸入車にご相談ください。

車ユーザーにお得なマメ知識。北海道の交通事情と地域情報

北海道は、47都道府県の中で唯一の「道」がつきます。日本列島の北部に位置している島で、広大な土地によって育てられる畜産物はとても美味しいです。人口は、およそ530万人以上で、北海道の中心地は、旭川市と函館市です。北海道は、人気の観光地で「北海道旅行へ行く」となれば、何処へ行っても名所ばかりです。大自然を満喫するなら「知床半島」へ足を運んでみたり、動物を見たいなら「旭川動物園」で楽しんだり、「雪まつり」などのイベントも開催されます。北海道は面積が広く、一度の移動距離が長いことが多い為、車で1時間以上の移動をすることは普通のことと言われます。都市化が進んでいる中心地などでは、地下鉄や電車、バスなどが充実していますが中心地を離れれば、車無しでは生活できないくらい大変です。なんと平成30年12月8日には、後志自動車道(余市IC~小樽JCT間)が開通され、国道5号の安全性向上や噴火火災時の代替路確保が期待されています。段々と、高速道路の開通が進んでいますが広大な地域を走っていく為には、より利便性の高い交通網が必要となるでしょう。また、寒冷地の為に車は本州と比べると2~3万円ほどの差があると言われています。「寒冷地仕様」が適用される為、バッテリーの大きさが異なったり、融雪剤(塩化カルシウム)によって引き起こされるサビを防ぐ点の強化が施されたりしている他、寒冷地でも対応できるような作りになっています。