加盟店一覧

三重県の外車を車検、板金塗装、点検修理

三重県の外車を車検、板金塗装、点検修理なら【今だけネット工賃割引】のDr.輸入車ドットコム。三重県エリアで信頼できる輸入車整備工場がきっと見つかる。三重県で対応できる外車専門の車検、板金塗装、点検修理ができる輸入車専門の整備工場探しをサポートします。

ブログ一覧

現在ブログの登録はありません

車ユーザーにお得なマメ知識。三重県の交通事情と地域情報

三重県は本州の関西地方にある県で、広大な保護区と約 1,000 km にもおよぶ太平洋の海岸線を擁し、海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んですが、伊勢神宮があることからお伊勢参りで、古くは江戸時代より観光が産業の中心となってきました。また、現在でも伊勢志摩や伊賀上野、二見浦、世界遺産の熊野古道そして鈴鹿サーキットなどにより観光が重要な産業になっています。経済力については名古屋圏の一部である事から、1人当たりの GDP の県民経済計算は5位から15位の間の高水準で推移している反面、東紀州を中心に過疎地域も抱え、人口が突出した都市は存在せず、中規模の複数の都市に人口が分散しています。反面、北中部は中京工業地帯であり、四日市市を中心に主要な企業が集中することから、トラック等の交通量が多くなります。もともと自動車への依存が高いことと、名古屋や大阪方面から流れてくる交通量が多く、それに対しての道路網が十分ではない状況になっています。そのため、北勢バイパスが国道1号や国道23号中勢バイパスと接続する予定となっていたり、国道258号の4車線化計画などが進行中です。これらが完成すると、四日市などの慢性的な渋滞も解消されるでしょう。