インフォメーション

お知らせ

iTech(アイテック)のサービス開始記事が日刊自動車新聞に掲載されました(2019年3月22日付)

投稿日:2019/03/22

メインの画像

Dr.輸入車が開発し加盟店さまへサービス提供を開始した「iTech(アイテック)」の記事が日刊自動車新聞に掲載されました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

輸入車整備ネットワーク「ドクター輸入車」をフランチャイズ(FC)展開するICIN(江頭大介社長、横浜市青葉区)は、輸入車整備に必要な情報を提供する独自の情報クラウドサービス「iTech(アイテック)」の提供を開始した。合わせて技術コールセンターを開設。今後独自の整備情報網の強化を図りながら、加盟店拡大にもつなげていく。

アイテックは同社が独自開発したサービスで、輸入車修理の際に必要となる整備資料やこれまでの解決事例、作業工数などの情報を盛り込んでいる。具体的な情報量は明らかにしていないが、過去に問い合わせがあった情報などをスタート時から盛り込んだ。「膨大な情報量が蓄積されている。また毎日更新するため、効率よく情報提供ができる」(同社担当者)と自信を示すなど、輸入車に関わる情報が素早く提供できる環境づくりが進む。
情報は同社運営本部が管理し、加盟店は閲覧のみとなる。ドクター輸入車に加盟している店舗に提供しており、一部のサービスを利用できる無料版と、すべてを利用可能な有料版を設けた。併せて、昨年12月には「Dr.輸入車テクニカルコールセンター」を開設した。整備資料の提供や作業工数の案内だけでなく、AUTELのスキャンツール(外部故障診断機)についても相談受け付けの可能な体制を整えた。
同社は将来的に独自のコネクテッドサービスを構築し、顧客の車両情報を把握してさまざまなサービスに生かす仕組みの実現に取り組んでいる。「まだ具体的な連携は予定していないが、何らかの形で情報を活用できるようにしたい」(同社担当者)と話し、顧客や整備など輸入車に関するあらゆる情報網を駆使した輸入車整備ネットワークの構築を目指す。