加盟店ブログ

整備日記

ボクスター補機ベルト外れ??

投稿日:2019/08/25

メインの画像
ポルシェ ボクスター 987MA120

チャージランプが点灯したとの事でご入庫いただきました。
H22年式で55,000㌔走行、名古屋で中古車を試乗をせずに衝動買いしてしまったの事です。
 羨ましい話です!!!

親族の方が徳島におられて遊びに来ている間に症状が発生し、たまたま親族の方が何年か前に当社を利用したことがあり初めてのご利用となります。
チャージランプ点灯とパワステも効かないとのことでベルト切れかと点検すると、なんとも信じられない状態・・・。
テンショナー取付ボルトが飛び出て外れかけで、当然ベルトも外れかけています。


取付部にボルトを入れてみるとキッチリ入るのでエンジン側の損傷はありませんが、トルク管理が出来ていないか・・・締め忘れなのか・・・よく分からない状態です。
この状態で走行していたと思うとゾッとしますね・・・汗


さらに調べると補機ベルト、テンショナー共にどこかに接触したままの回転で損傷しているので交換が必要で、バッテリーも放電状態が続きテスター診断で不良とでたので交換します。


部品入荷に2日かかりましたが、お見積もり通りの作業は無事に完了!
もちろんすべての箇所を規定トルクで締めつけ、故障コードが残っていないかチェックし、バックアップをしっかりとりバッテリー交換を行っています。

走行テストでも快調です。

また名古屋に高速道路を使用しお帰りなるとの事なので全てをチェックしてあります。
 聞くとお車を持っていく整備工場がなく、かなりお困りだったとの事で凄く感謝していただきこちらも光栄でした。

また徳島に来たときは遊びに寄ってください。
ありがとうございました。