加盟店ブログ

整備日記

20年以上前のジャガー修理

投稿日:2020/02/09

メインの画像




エンジン関係及びパワーステアリングフルード漏れ修理の様子です。何せお預かりの時はいたるところから漏れが発生していました・・・。

●バルブカバーパッキン交換



●プラグホールパッキン交換

●IGコイルガスケット交換(破れ)



●プラグ交換(消耗大)
●エアーエレメント交換(汚れ)



●エンジンオイル,オイルフィルター交換



●補機ベルト交換(摩耗,ひび割れ)



●オイルプレッシャースイッチ交換(オイル漏れ)



●バッテリー交換(テスター診断30%)



●パワーステアリングホース3本交換
●専用パワーステアリングフルード交換
以上の作業後に入念に高圧スチーム洗浄し走行テストを繰り返し、再び漏れが発生していないかをチェックしてあります。
全ての漏れは現時点では完全に止まっているのでご安心ください。


※あと左ドアミラー電格不良、内装の液晶不良等が残っていますが生産中止や高額部品になるのでリサイクル部品を検索中です。
お客様の『この際、全て修理する!!』とのお言葉から始まった修理でしたが時間がかかりました・・・申し訳ございません。
走る・止まる・曲がるの機能面での不具合は当分は出ないと思いますが、H9年式のお車なので確証はありません。
何かいつもと違うようなところがあればいつでもご連絡ください。
ありがとうございました。