加盟店ブログ

整備日記

新年のご挨拶とH16 メルセデスベンツG500LONG アイドリング不安定

投稿日:2020/01/06

メインの画像

新年あけましておめでとうございます。

皆様には、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧を頂きありがとうございます。

2020年も、皆様に愛されるようスタッフ一同サービス向上に尽力して参ります。

カノガワ自工は本日から通常営業しております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


本日はH16 メルセデスベンツG500LONGのお車です!
アイドリング不安定とのことでご入庫いただきました。

まず原因を調べるためにダイアグノーシス点検を行います。
ですが故障コードはありませんでした。


その他調べていくとツインプラグに点火系不良がありましたので交換しました。
スパークプラグ廻り作業前の写真です。


新品と交換します。左右で計16本交換します。
スパークプラグは、エンジン内部の燃料と空気の混合気に火をつけ爆発燃焼させるための部品です。混合器を爆発させるために強い火花が要求されます。1分間に何百、多いときは何千回と爆発するため火花が発生する部位は徐々に摩耗が進みます。3万キロに一度を目安に交換をお勧めしています。




交換後です。


最後に規定トルクで締め付けて作業完了です。
ボルト、ナットを締める際、ネジ部を回転方向に回して締め付けていきますが、その際に必要な力のことを締め付けトルクと言います。締付けトルクはボルトの種類や締め付ける場所、目的によってそれぞれ適正値が規定されています。