加盟店ブログ

整備日記

ボルボ S60 エンジンチェックランプ 修理

投稿日:2019/09/06

メインの画像
ドクター輸入車相模原店の松久です!


今回は、エンジンのかかりが悪い、加速がしないとの事でボルボS60が入庫しました。




エンジンチェックランプも点灯しているとの事でした。


公道にてロードテスト(試乗)を行ないましたが確かに加速が鈍い(-_-;)


アクセルをべた踏みしても全く加速しません。


エンジンのかかりも悪くセルモーターが数秒動いてもエンジンがかからないことも症状として確認できました。


気になるエンジンチェックランプの故障コードですが、「燃料高圧センサーの異常」が出てました。


燃圧を診断機にて、高圧、低圧を調べてみましたがどうも低圧側は問題なさそうです。


今回は、S60の燃料高圧ポンプが怪しいとみて交換していきます!





高圧ポンプはどこにあるかというとカバーを外していって上部のホースの下に隠れています。




真ん中の銀色の部品が燃料高圧ポンプです。


直噴エンジンは、高い圧力でシリンダー内部に燃料を噴霧させる必要があるので高圧ポンプがついています。






カムシャフトを利用して燃料に圧力をかけるので、エンジン周りについている事がほとんどです。


その他のメーカー(ドイツ車)なども壊れてしまう事例がありアウディA3やアウディA4の高圧ポンプを交換したこともありました。


交換後はスムーズに加速していきました。


エンジンのかかりもバッチリです!


以上、松久でした!