加盟店ブログ

整備日記

ポルシェ 964ターボ 修理

投稿日:2019/02/16

メインの画像
ポルシェ964ターボ修理入庫です。
アイドリング時にすぐエンジンが停止するとの事で入庫頂きました。

最初はプラグが被ってしまっているのかと思いましたが、いざ作業に入ってみると・・・
まずプラグを見てみた所、やはり被っており交換。

しかしそれでも不調が直らないので、色々見ていくと
前回車検時(約2年前)より50kmしか乗られてなかったので、ガソリンが黄色く変色し腐ってしまっておりました。

お客様からも「大切な車なので、バッチリ仕上げてよ!」とご依頼を頂きましたので再度作業開始。

結果、燃料が腐った事によりタンク内の錆がストレーナーに詰まり、ガソリンが上手く供給されなかった事が原因でした。
一度ガソリンを全て抜き、タンク内を洗浄。
さらに腐ったガソリンが回ってしまってたので
・フューエルポンプ交換(フロント/リア)
・フューエルライン交換
・フューエルフィルター交換
・燃料ゲージ交換
オイルの温度が低かった為
・サーモスタット交換
の上記作業を行わせて頂きました。



今では安定したアイドリングで、水平対向のSOHC3.6リッターエンジンが蘇りました。
追加でコーティングのご依頼を頂きましたので外装も、エンジンもバッチリ仕上げて納車させて頂きます。

皆様も、定期的にお車に乗って頂くか、もし乗れない時にはアイドリングを回すだけでも行ってください。
ここまでの作業になってしまいますと数十万円の費用がかかってしまいますのでご注意ください。